メッセンジャーバッグを思い出に…

地方都市に在住のものです。移動手段はほとんどが自家用車です。
自家用車に乗って通勤すると、冬でもコート不要、天候もほとんど気にせずドアツードアなので傘も不要、雨用のシューズも全く関係ありません。
ですのでメッセンジャーバッグは、東京に出かけた時に老いも若きも愛用している様子に少し驚きました。
お洒落な雨用シューズ
お洒落な雨用バッグ

それは電車と徒歩が移動の手段である都会では、両手を空けて本を読む、スマホいじりができる理にかなったものだと実感したからです。
特に田舎者は改札で定期を「ピッ!」としないで切符を入れるのですが、IC改札を颯爽と通るにはメッセンジャーバッグでないとスマートに行きません。

それに都会の方たちは天候に即したコート、靴、傘を通勤のためにそろえていらしゃるので、PCに加えてそのような備えを携行するには肩からかけるバッグが実用的です。

しかし、気になるのはメッセンジャーバッグは、体格の良いはっきりいうと肥満体の方には持ちづらいのか、あまり下げている方を見ません。

体の幅にさらにバッグの厚みが体にまつわりつくので周囲に配慮しているのが、ひょっとして長さが足りないのでしょうか。
しかし、最近マナー的に気になるのは、スーツにバッグを斜め掛けにしたまま訪問する格好は年配者であれば抵抗があります。

きちんと肩から外して挨拶なり営業に訪れてほしいです。
そうでなければ手提げ用のビジネスバッグがふさわしいと思います。
スーツにリュックサックを背負ったまま入室し、挨拶した若者は問題外で苦言を呈しました。
プライベートでもビジネスでも使えるメッセンジャーバッグ【SEAL brand】

娘の友達にメッセンジャーバッグ

bag-1854148_6401

娘が、中学校で仲良くしてもらっていたお友達が引っ越すことになりました。
お父さんのご実家に家業を継ぐために引っ越すのだそうです。

尾道にあるため、坂道が多いので大変だと聞いていたので、お別れのプレゼントにメッセンジャーバッグを渡そうという話になりました。

坂道が多くて大変な中を自転車で通学するというのですから、バッグはもちろんメッセンジャーバッグが相応しいと思いました。
高いものは買えないのでミニサイズのB5サイズのノートやペットボトルが入るくらいのものを選びました。

ちょっとしたものを入れるのにいいので、学校のバッグとは別に肩から下げたら可愛いと思いました。
値段が2000円程でお手頃価格でした。ナチュラルなベージュの生地で女の子が好きそうな雰囲気のものを選びました。

お別れの日にお友達にメッセンジャーバッグを渡すと、その場で包装紙を破いて中を確認してくれたそうです。

お友達はたいそう気に入って、その場でメッセンジャーバッグを肩から斜めがけにしてくれて見せてくれたそうです。

その後、二人はむせび泣き別れを惜しんだと聞きました。

その話を聞いて、私も思わずもらい泣きしました。娘にとって、心から気の合う親友だったんですから。今でもメールのやり取りをしていますが、先日あのメッセンジャーバッグを持って自転車に乗る姿を写メしてくれました。

嬉しいものですね。大切にしてくれて、ありがたいです。私も一緒に選んだので感無量でした。